自分の希望通りの、世界にひとつだけの家を建てたい、もしあなたがそう考えるなら注文住宅を選びましょう。しかし、いざ注文住宅を選ぶとしても、何から始めたらよいのかわからないことだらけなのではないでしょうか。ここでは、注文住宅のメリットとデメリット、そして注文住宅に決めた場合の入居までの流れについて書いてみたいと思いますので、参考にしてみてください。

注文住宅のメリットとデメリット

入居までの流れ

いざ注文住宅を建てると決めても、何から始めたらよいのかわからない人も多いでしょう。そこで、注文住宅の入居までの流れを書いてみたいと思います。事前に全体の流れを知っていると、余計な手間を省けたりして入居までの期間短縮もできるはずです。

プランニングから着工まで

誰もが憧れる夢のマイホームですが、せっかくマイホームを高いお金を支払って購入する以上は、できるだけ自分の理想の形を現実として手に入れたいところです。建売の一戸建て住宅では、すでに出来上がっている家…

Learn Detail

着工から完成まで

着工前には神主を呼んで、土地の神様に工事の安全を祈願する地鎮祭を行います。同時に地縄と呼ばれる地面に家の形を成型して、近隣や道路との位置確認を行い、納得できたら工事が始まります。その前に重要な作業…

Learn Detail

完成から入居とその後

建物が完成したら、引き渡しの前に完成立会いと呼ばれる手続きを行います。これは内覧会とも言われ、簡単に言うと、建物が契約通りに建てられているかチェックすることです。住宅の購入者が、施工会社の担当者や…

Learn Detail

その他の注意点

動線を意識しないと間取りに失敗する

注文住宅は予算さえ合えば、自分の理想通りの間取りや設備で家を建てることができる点が最大のメリットだと言われています。このため建売住宅のようにある程度決まった間取りではなく、自分たちの使い勝手のいいように間取りなどを決めることができます。 ただここで注意しておかなければいけないのが、間取りを考える時に動線を意識するという点です。動線とは生活をする際に移動する動きを意味していて、一般的な建売住宅はこの動線に問題がないように間取りが考えられています。注文住宅の場合は動線よりも依頼者の希望を優先することから、いざ完成して生活をしてみると間取り面で動きにくかったりトラブルが起きるなど、思わぬ落とし穴にはまってしまうという人は少なくありません。

住んでみて気づく失敗が多い

間取りや動線の問題など、実は注文住宅は住んでみて気づく失敗が少なくないと言われています。 例えば明るい家にしようとして逆に明るくなりすぎてしまったり、使うと思っていた空間がデッドスペースになってしまう、必要な空間が狭すぎて使い勝手が悪いなど、住んでみて気づいてしまったトラブルは多種多様です。しかもこれらの問題は自分たちの工夫によって改善できるものばかりではないので、どうすることもできずに我慢を強いられているという人も多いとされています。 このため注文住宅を建てる場合には完成した後にどのような状態になるのか、想像だけではなく具体的なシミュレーションをすることが重要だと言われています。業者によっては3Dによるシミュレーションを実施しているところもあるので、うまく利用してトラブルが起きないかどうかを確認することがおすすめです。